HAIR PHOTOBOOK

写真利用規約(制定日:2014年10月1日)

ヘアフォトブック(以下、本サービス)では、本サービスで取り扱う写真素材について、お客さまになるべく制限を設けず自由に使っていただきたいと考えております。
本サービスで取り扱う写真素材を使用する際には、以下の規約を守って正しくご利用ください。
本サービスの写真素材は、サロン広告として最適なものを多数ご用意しております。

免責事項

  • 本サービスの写真は、モデル個人からの発信ではなくカメラマンが撮影したものであるため、著作権・肖像権に侵害に抵触する可能性のあるものが含まれます。
  • 被写体への許諾が必要と思われる写真については、利用者自らが許諾を得てご利用ください。(詳しくは、お問い合わせください)
  • 本サービスは、写真の利用に関する権利は許諾いたしますが、写真そのものの著作権を放棄したわけではございません。
  • また、カメラマンによる使用許諾は、必ずしも被写体の肖像権の使用を許諾するものではありません。
  • 本サービスの写真を利用中に生じたいかなる損害・トラブルに対する責任も負いません。
  • 写真素材の利用範囲については、以下の項目に準じます。

写真素材の利用可能範囲

本サービスでは以下の項目につき、写真素材の利用を許諾いたします。
人物の特定が可能な人物写真に関しましては、利用範囲を加えて制限させていただいております。
詳しくは「人物素材の利用」の項目をご覧ください。

  • 写真素材の利用禁止範囲に該当しない個人・商用での利用
  • 個人サイト、個人の印刷物、個人の動画・映像制作における利用
  • 個人・法人のニュースやブログ、SNSにおける、記事、プロフィールなどの利用
  • 自社および受託制作による商用サイト、印刷物、動画・映像作品での利用
  • 個人・自社および受託制作による広告での利用以下の利用が該当しますが、これに限りません。
    (新聞/雑誌/フリーペーパー/POP/地図/販促物/DM/チラシ/リーフレット/会員誌・会報誌/交通広告/屋外広告/TVCM/映像・動画/WEB/モバイル)
  • メディア・デジタルコンテンツでの利用以下の利用が該当しますが、これに限りません。
    (新聞/書籍/雑誌/フリーペーパー/パンフレット/地図/POP/漫画/TV番組/映画/映像/ゲーム/マニュアル/教材・図版/(音楽、映像・動画、ゲーム、教材などの)パッケージ・ジャケット/Web/モバイル)
  • 利用に伴う写真の加工(色調補正・トリミング・合成など)およびイラストによる模写(下絵・トレース)での利用

不明点についてはお問い合わせください。

写真素材の利用禁止範囲

本サービスでは以下の項目につき、写真素材の利用を禁止しております。
以下の項目における「写真素材を主体とする」とは加工の有無を問わず、写真素材が対象物(商品・製品作品など)を主に構成している場合を指します。
例えばポストカードについては、写真が商品を構成する上で主な要素であると判断でき、これに該当します。
また、禁止にあたる使用について、本サービスと別途ライセンス契約を交わした場合のみ、この限りではありません。(詳しくは、お問い合わせください。)
人物の特定が可能な人物素材に関しましては、利用範囲を別途設けさせていただいております。
詳しくは「人物素材の利用」の項目をご覧ください。

  • 写真素材の転売・再配布・貸与
  • 営利目的で、写真素材を主体とする商品・製品を販売すること以下の利用が該当しますが、これに限りません。
    (ポストカード/カレンダー/写真集/ジグソーパズル/トレーディングカード/シール)
  • 営利、非営利を問わず写真素材を主体とする作品データを、不特定多数に配布すること以下の利用が該当しますが、これに限りません。
    (壁紙/スクリーンセーバー/カレンダー/テンプレート)
  • アダルトサイト、ポルノ、風俗産業での利用、および公序良俗に反する内容が含まれる利用
  • 被写体が宗教的・政治的な信条を持つと誤解を与える利用
  • 誹謗、中傷、および違法行為を含む内容での利用
  • 被写体(人物・風景・建物・物品などすべて)のイメージを著しく損なうような利用
  • その他本サービスが不適切と判断する使用
  • 写真素材への直リンク

不明点についてはお問い合わせください。

人物素材の利用

本サービスでは人物の特定が可能な人物写真を多数配布しておりますが、写真によって利用範囲が異なります。以下の項目の内容を遵守の上、正しくご利用ください。

モデルリリースについて

本サービスで提供される写真は、すべてモデルリリース取得済みです。(参照:モデルリリースとは
本サービスで提供されるすべての写真がモデルリリースを取得済みという前提で、各写真の『モデルリリース取得済み』の記載を省略しております。
モデルリリース(肖像権使用同意書)を取得している写真は、肖像権の使用について、本サービスの利用規約に反しない限り、被写体からの許可を個別に得ずにご利用いただけます。
これらの写真は「人物写真として多様な媒体に使用される」ことを鑑み、「写真素材の利用可能範囲」および「写真素材の利用禁止範囲」の内容を適応した上で、これらに加え利用禁止範囲として以下の制限をさせていただいております。
(アダルト/出会い(結婚斡旋含む)/キャバクラ、クラブなどに類する飲食業/風俗産業/暴力団関連/宗教/政治/ギャンブル/犯罪全般/戦争・紛争/差別/その他公序良俗に反する内容が含まれるあらゆるケース、または媒体での使用)
人物本人があたかも使用・体験・所属しているかのような誤解を連想させる、広告やコンテンツ、その他のケースでの使用。
例えば、顔写真に本名もしくは偽名で、キャッチコピーなどと併用し、人物本人が語っている(吹き出し)ような使い方が該当いたします。
プロフィールでの利用は、必ず名前との併用になるのでご利用いただけません。(モデル本人、または個人が特定できない加工済みの場合はこの限りではありません)
また、イメージキャラクター的な使い方もできません。

求人広告において特定の企業・団体を紹介する際の利用

モデルリリース取得済み人物写真において、個人の特定ができない場合(加工・トリミングを含む)については、上記の限りではなく、「写真素材の利用可能範囲」および「写真素材の利用禁止範囲」に準じます。

モデルリリースとは

肖像権利用許諾のことです。人物がメインとなる写真の場合、被写体となるモデルより撮影の許可と撮影した写真を使用する許可を得る必要があります。被写体となるモデルより撮影と肖像写真の利用許諾を得たことを、『モデルリリース取得済み』と表記します。人物写真を使用する際は、この表記を参考にするとトラブルが生じることが少なくなります。
ただし、『モデルリリース取得済み』と表記されていてもどのような使用も許可されたわけではありません。規約に定められた範囲での使用に限られることに注意してください。被写体となるモデルが嫌がるような使用や公序良俗に反する使用は、『センシティブ使用』といいます。この『センシティブ使用』については、著作者に問い合わせをして許可を得る必要があります。

その他

当規約は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

ご不明な点などありましたら、以下よりお気軽に下記よりご連絡ください。
お問い合わせフォーム